有限会社君田交通
バスのご案内 当社の特徴 会社概要 安全・環境への取り組み リンク お問い合わせ

安全・環境への取り組み/リフト付観光バスなら君田交通へお任せください。
 HOME安全・環境への取り組み




 平成31年度 安全運転マネジメント

経営責任者の責務と安全に対する基本的な方針

1. 経営者の責務
(1) 安全運転の確保に関する最終的な責任を有するものとして安全性向上の取組を主導し、会社全体に安全意識の浸透を図る。
  (2) 安全を確保するために予算の確保や体制の構築など、必要な措置を講じる。
  (3) 経営管理の手法である計画、実施、評価、改善のサイクルの実施により、継続的に顧客輸送の安全性向上を図るため、業務の実施及び管理状況の適否を確認し、必要な改善を行う。

2.

安全に対する基本的な方針
(1) 全社員に利用者の安全の確保が最も重要であるという意識を根底に敷き、その実現のために社長は主動的役割を帯び、全社員が一丸となって常時安全性の向上を図り取組む。
(2) 公共道路を走行しているという認識を常にもち、運転に関する知識・技能の研鑽に努めると共に交通人身事故の防止を図る。
(3) プロドライバーとしての自覚を高め、悪質違反(酒酔い運転、酒気帯び 運転、過労運転、薬物等使用運転、無免許、無資格運転、最高速度違反、救護義務違反等)を絶対おこさない。
(4) 運行管理及び車両管理体制の充実強化を図り、法令に定められた運行管理や車両管理が適切に機能するように配慮する
(5) 現場の声が安全性向上に反映できるよう、職場環境も計画的に向上させる。
(6) 参加・体験・実践型の研修・指導等の実施により、運転者の能力向上を図る。
(7) 安全に対する基本的な方針、及びそれに基づく目標・計画を社員に周知徹底する。

基本方針の具体的な目標と計画および達成状況

1. 目標の設定
(1) 交通事故「0達成」への目標

2.

目標達成のための計画
(1) 運行管理体制の充実と事前調査の徹底
(2) 社員の健康管理

3.

目標の達成状況
(1) 平成29年度 交通事故0件―達成
  (2) 平成30年度 交通事故0件―達成

安全マネジメントの的確な実施

(1) 安全マネジメントを適確に実施し、安全に関する計画の作成、実行、評価、及び改善の4サイクルを円滑に実施する。
(2) 安全マネジメントは常に社長がリーダーとなり、トップダウンによって全社員が一丸となって実施する。

事故発生時の改善策

(1) 重大事故・人身事故の発生及び悪質なる交通違反の取り締まり等を受けた場合は、速やかに原因を分析し、改善策を構築し、会社全体として教育・研修を実施し、再発の防止を図る。

記録の管理と情報公開

(1) 安全マネジメントに対する全ての記載は、年度毎にファイリングをして保存するものとする。また、安全マネジメントの実施結果は、当社ホームページで公開する。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

(1) 平成29年度  0件
(2) 平成30年度  0件


 貸切バス事業者安全性評価認定
安全に対する取組状況が優良なバス会社であることが認められて「貸切バス事業者安全性評価認定制度」におきまして、平成29年12月に三ツ星(☆☆☆)の認定を受けました。

安全性評価認定
「貸切バス事業者安全性評価認定制度」とは

公益社団法人である日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、これを公表するもので平成23年度より運用が開始されました。
シンボルマ-クの星の数は、認定初年度は一ツ星(☆)、以降2年毎の認定審査の際、取組状況により☆の数が1ずつ増え、最高三ツ星(☆☆☆)となります。

君田交通では、より安全な貸切サ-ビスの提供ができるように、これからも安全輸送の向上に取り組んで参ります。

有限会社 君田交通

一番上へ戻る
〒728-0401 広島県三次市君田町東入君682-1 TEL.0824-53-2314 FAX.0824-53-2315
Copyright (C)2010 KimitaKotsu